So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

<電子書籍>市場に変化 紙に代わる価値生む?(毎日新聞)

 電子書籍も読める米アップルの新型携帯端末「iPad(アイパッド)」が先月末、日本でも発売された。出版界にとっては“黒船来航”といわれ、携帯電話向けの漫画配信が中心だった日本の電子書籍市場に変化の兆しが見え始めている。電子書籍が本格的に普及すれば、日本の出版界はどう変わるのだろうか。【佐々本浩材】

 ■作家は

 アイパッド発売の8日前の5月20日。講談社は東京都文京区の本社で、作家の京極夏彦さんの小説『死ねばいいのに』を電子書籍として配信すると発表した。“紙”の単行本は5日前に発売されたばかり。大手出版社が新刊の文芸書を電子配信するのは初の試みだ。会見に同席した京極さんは「何らかの指針となるなら、と実験台を買って出た」と語った。

 価格は紙の本1785円に対し、アイパッド版は900円。講談社の野間省伸(よしのぶ)副社長は「実験的な意味合いが強い。作家の協力を得られたため、読者に体感してもらう機会を用意した」と説明した。今後は五木寛之さんの小説『親鸞』(5月12日から1カ月間、ネット上で無料公開)や京極さんの次作を電子書籍として有料配信する予定。だが、今のところ、それ以外の計画はないという。

 アイパッドが発売された5月28日には、日本電子書籍出版社協会(旧電子文庫出版社会)がアップルの多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」用のアプリケーションを同日から無料で提供すると発表した。秋にはアイパッド用も無料提供する予定。同協会の加盟社は2000年から、パソコン向け電子書籍販売サイト「電子文庫パブリ」に小説などを配信してきた。これで1万点以上がアイフォーンなどでも読めるようになったが、新刊書は含まれていない。

 同じ日、東京都書店商業組合(大橋信夫理事長)は、書店の店頭にデジタルサイネージ(電子看板)を設置し、客を電子書籍販売サイト「ブッカーズ」へ誘導する実験を始めた。このサイトは同組合が2年前に立ち上げたものだ。

 今後は、書店で紙の本か電子書籍かを選んで買えるようにしていきたいという。小橋琢己・同組合常務理事は「電子書籍を入り口にして、紙の本の購入へ結びつけたい。書店はそういう演出や見せ方のノウハウは持っています」と語る。

 ■端末は着々

 日本の電子書籍の市場規模は08年度で464億円(インプレスR&D調べ)。その86%が携帯電話向けで、漫画が中心だった。文芸書などの新刊の配信については、大手出版社はまだ様子見の感が強い。もっとも、米アマゾン・ドット・コムの「キンドル」やソニーの「リーダー」など、読書専用端末の日本語対応版が早ければ年内に発売される見込みで、水面下で新時代への準備を続けているようだ。

 近い将来、紙の本は消え、完全に電子書籍に切り替わってしまうのだろうか。電子書籍が急増し、紙の本の部数が大幅に減った場合、「印刷などのコストがかさむ紙の本をやめ、電子書籍のみにしてしまう選択肢が浮上する」と予想する出版関係者は多い。

 しかし、京極さんは「現実的には考えられない」と否定的だ。「両者はユーザーも異なり、補完し合うことはあっても食い合うことはないと確信している」と話す。講談社の野間副社長も「作品を読む手段が増えることで、新たな読者が生まれていく」と相乗効果を予想している。

 ■出版社は

 電子書籍を巡って関係者がささやくもう一つの予想は「出版社が不要になる」というものだ。電子書籍は基本的に、だれでも容易に出すことができる。例えばアマゾンは米国で、サイト上に原稿をアップロードすれば、出版社の本と同じ土俵で販売するサービスをすでに始めている。条件に合えば販売価格の7割が著者に支払われるため、出版社を経由せずにアマゾンと直接取引するプロの作家も増えている。

 出版関係者によると、アマゾンの日本法人は1月下旬、出版社を集めてキンドルへの電子書籍の配信を呼びかけた。その際「日本で作家と直接契約することは今のところ考えていない」と明言したという。だが、「作家の○○さんはすでにアマゾンと接触した」といううわさも飛び交う。

 こうした状況でも、野間副社長は自信を見せる。「これからの編集者に求められるのは書籍のプロモーションから、映像・ゲーム化や海外展開まで、いかに作品をマネタイズ(お金に変えること)できるか。そうした能力では、出版社に一日(いちじつ)の長があると思います」

 電子書籍の将来像はまだ、だれにも明確に見えていないだろう。デジタルビジネスのコンサルティングなどをしているワイアードビジョンの竹田茂社長は電子書籍関連のイベントで「実は電子書籍をユーザーが望んでいた事実はない。紙に代わるような価値を生み出して初めて電子書籍は成功する。言葉だけをはやらせようとするのは本末転倒」と指摘し、会場の共感を得ていた。電子書籍は読者に新たな世界を体験させられるのか。肝心なのはこれからだ。

 ◇電子書籍を巡る動き◇

95年11月 パソコンを通して電子書籍を販売する「電子書店パピレス」がスタート

00年 9月 大手出版社8社が「電子文庫出版社会」を設立し、パソコン向け電子書籍販売サイト「電子文庫パブリ」を開設

02年 1月 新潮社が携帯電話で「新潮ケータイ文庫」のサービス開始

04年 2月 松下電器(現パナソニック)が電子書籍専用端末「シグマブック」を発売(08年、製造中止)

04年 4月 ソニーが専用端末「リブリエ」を発売(07年、国内向けは製造中止)

07年11月 アマゾンが米国で専用端末「キンドル」を発売

08年 9月 作家の瀬戸内寂聴さん(ペンネーム・ぱーぷる)がケータイ小説「あしたの虹」を発表

09年 2月 アマゾンが米国で新機種「キンドル2」を発売

09年10月 米大手書店バーンズ&ノーブルが専用端末「ヌック」発売

09年12月 アマゾンが「クリスマス当日の販売数で電子書籍が紙の本を上回った」と発表

09年12月 ソニーが米国で無線通信機能付きの専用端末「リーダー」の新機種を発売

10年 4月 アップルが新型携帯端末「アイパッド」を米国で発売

10年 5月 日本と欧州などで「アイパッド」発売

【関連ニュース
iPad:本格普及はソフトが鍵…28日、日本発売
第1特集:電子書籍革命
電子書籍:市場に変化 紙に代わる価値生むか
iPad:あす日本発売 本格普及はソフトが鍵
電子書籍

「夏の光跡」和歌山・湯浅でゲンジボタル乱舞(産経新聞)
大阪府庁に火を噴く巨大ロボ登場(産経新聞)
JR東海社員がIC乗車券不正使用(産経新聞)
<中国大使>丹羽氏起用で調整 伊藤忠商事相談役(毎日新聞)
首相「防疫体制などに全力」 農家の視察見送る(産経新聞)

<口蹄疫>「都農」食肉処理場約1カ月ぶり再開 搬出制限区域を家畜ゼロの緩衝地帯に(毎日新聞)

 宮崎県の家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)問題で、県は31日、搬出制限区域(発生地から半径10〜20キロ)の家畜をゼロにする緩衝地帯を作るため、同県都農町の食肉処理場「ミヤチク都農工場」の操業を再開させた。国の特例で認められ、約1カ月ぶりの稼働となる。

 県によると、通常なら出荷できる状態(牛は月齢29カ月以上、豚は生後180日以上)で、搬出制限区域内に留め置かれていた牛1000頭、豚2000頭から処理する手順で、初日は西都市の牛29頭を処理し、通常の流通ルートで県内出荷するという。

 同工場は1日当たり牛60頭、豚820頭の処理能力があり、県は「約2週間で終えたい」としている。また、食用にならない内臓などの処理については、宮崎市の廃棄物処理施設が受け入れる。

 今後、県は適期に満たないが食肉にはできる牛や豚も処理する「早期出荷」につなげる考え。対象は牛4500頭、豚3200頭の計7700頭と推計している。

 同工場は発生農家から10キロ圏内の移動制限区域内にあり、口蹄疫感染が発覚した4月20日から操業を停止していた。【蒔田備憲】

自動車道をバックで逆走、トラックと衝突 1人死亡 兵庫(産経新聞)
<日中韓首脳会談>3カ国の若手演奏家が三重奏披露へ(毎日新聞)
ネット解禁でも「投票に行かない」という若者のつぶやき(産経新聞)
3歳長男に暴行、20歳母逮捕=夫が昨年から相談―静岡県警(時事通信)
普天間「将来の県外移設」を=首相に要望、民・社180人が署名(時事通信)

警部補を条例違反で逮捕=女子高生にわいせつ行為―新潟県警(時事通信)

 女子高校生にわいせつな行為をしたとして、新潟県警は22日、県青少年健全育成条例違反容疑で、新潟中央署刑事1課警部補西村強容疑者(45)=新潟市西区寺尾西=を逮捕した。県警によると、容疑を認め、「申し訳なかった」と話しているという。
 逮捕容疑は15日夕、同市内のホテルで、18歳未満と知りながら高校1年の女子生徒(15)にわいせつな行為をした疑い。
 県警によると、西村容疑者は休日出勤の後、女子生徒と会ったという。女子生徒の家族から新潟東署に相談があり、発覚した。 

【関連ニュース
女装し公然わいせつ、自衛官逮捕=店員に下半身露出
わいせつマイクロSD初摘発=携帯向け、容疑で2人逮捕
求刑上回る初の判決=わいせつ致傷事件の裁判員裁判
全員女性「意見言いやすかった」=「男性の声も」
小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕

原口総務相 「宝くじ存続へ全力挙げ改革」(毎日新聞)
小川直也も谷亮子出馬を批判 政治と柔道の両立「絶対に無理」(J-CASTニュース)
<ACSA>オーストラリアと物品役務相互提供協定を締結(毎日新聞)
首相、北海道訪問を中止…口蹄疫や沈没事件で(読売新聞)
小沢氏、再び不起訴 検審再議決、焦点に(産経新聞)

国内各セグメントが伸長し売上高4.4%増―テルモ(医療介護CBニュース)

 テルモは5月12日、2010年3月期(昨年度)決算を発表した。国内では「ホスピタル」「心臓血管」など4セグメントの売上高をいずれも伸ばすとともに、海外でも為替の影響を受けながら売上高を伸ばし、全体での売上高は3160億円(前期比4.4%増)、営業利益は633億円(17.1%増)、経常利益は636億円(21.0%増)、純利益は407億円(10.4%増)だった。

 同社は昨年度、「ホスピタル」「心臓血管」「血液」「ヘルスケア」の4カンパニーで事業を展開。協和発酵キリンと共同開発した、薬剤があらかじめ満たされた注射器「プレフィルドシリンジ」の売り上げ拡大で「ホスピタル」商品が1193億円(前期比4.1%増)、カテーテル商品全体の売り上げ拡大で「心臓血管」商品が392億円(16.5%増)などと伸長した。また、新型インフルエンザの流行に伴う電子体温計の需要の増加で「ヘルスケア」商品が57億円(21.5%増)、血液バッグや成分採血システム商品の好調な推移により「血液」商品が97億円(7.2%増)と、いずれのセグメントも売り上げを伸ばした。これらにより、国内売上高は1739億円(7.3%増)になった。

 海外では、カテーテル商品を中心に心臓・血管領域商品群が欧米、アジアなど各地域でそれぞれ二桁の売り上げ伸長(現地通貨ベース)。海外全体での売上高は、現地通貨ベースだと10.5%増と大きく伸びたが、円に換算すると、伸び率は1.0%にまで圧縮される。

 今年度には、4カンパニーのうち「ホスピタル」から糖尿病事業を独立させ、4月1日付で新たに「糖尿病カンパニー」を発足。同社の広報担当者によると、糖尿病患者は今後、グローバルに拡大すると見込まれていることから、市場拡大に合わせた体制づくりを可能にするのが目的。昨年度の糖尿病関連商品の売り上げは国内で50-60億円、海外で5億円。

 同社では、今年度の予想として全体の売上高は3330億円(5.4%増)、営業利益は652億円(3.0%増)、経常利益は650億円(2.2%増)、純利益は415億円(1.9%増)と予想している。


【関連記事】
テルモと帝國製薬が医療用麻薬製剤で業務提携
未承認医療機器、早期導入の要望を募集―厚労省
医療機器のマニフェスト提言を了承−民主党議連作業チーム
規制緩和で「成長産業化」狙う−民主党・医療機器作業チーム
「医療機器は成長産業」−民主議連作業チームが初会合

タクシー運転手に男が刃物突きつけ現金6万円奪う 東京・文京(産経新聞)
<在日米陸軍>司令官、初のネット会見…動画サイト使い回答(毎日新聞)
小沢氏「起訴相当」検審、岩手知事冷ややか(読売新聞)
<関西記者クラブ賞>囲碁は井山名人に 将棋は久保王将(毎日新聞)
<覚せい剤密輸>78歳 過去最高齢の密輸 成田空港(毎日新聞)

<NPT会議>紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)

 【ニューヨーク錦織祐一】米国の若い世代に核廃絶への思いを伝えたい−−。核拡散防止条約(NPT)再検討会議開催中のニューヨークで、長崎原爆で被爆し4月に78歳で亡くなった語り部の吉田勝二さんを描いた紙芝居が上演された。関係者は「核廃絶を考えるきっかけに」と、思いが届くことを願う。

 市内の学校で5日(日本時間6日)、「高校生平和大使」の長崎北高3年、林田光弘さん(18)=長崎市=が、学習障害のある小中高生が通う「チャーチル・スクール」で、吉田さんの半生を描いた紙芝居を上演した。渡米の願いかなわず死去した吉田さん。林田さんは「勝二さんの分も世界に核廃絶を訴えたい」と上演した。

 吉田さんは13歳の時、爆心地から約850メートルで被爆。顔に大きなケロイドが残り、戦後は差別に悩まされたが、周囲の助けで克服し、語り部に。その体験を長崎市の生徒が06年に紙芝居にまとめ、英訳版も作られた。

 上演する林田さんは被爆3世。4カ所での紙芝居上演の最終日となったこの日、生徒ら約50人を前に、吉田さんの被爆状況や戦後の差別を語った。最後に「平和の原点は人間の痛みが分かる心を持つこと」(THE BASIS OF PEACE IS FOR PEOPLE TO UNDERSTAND THE PAIN OF OTHERS)と結ぶと、生徒たちから大きな拍手がわき起こった。

 祖父が原爆製造の「マンハッタン計画」にかかわったというアンナ・リービーさん(17)は「原爆投下はあってはいけないこと。いつか核が廃絶されることを願う」。林田さんは「反応が良くてうれしかった。勝二さんにパワーをもらった」と笑顔を見せた。

【関連ニュース
紙芝居「真田物語」:全12話、完成 来月3日に上演−−九度山町 /和歌山
核廃絶:NPT会議で渡米の市民、証言や紙芝居で訴えへ /広島
きょうの響:紙芝居で被爆証言 戻った記憶、米で上演−−花垣ルミさん /京都
核廃絶:被爆証言活動の京都・花垣さん、紙芝居手にNPT会議 学校で上演へ /広島
正岡子規:紙芝居にうっとり 俳句・野球との出会い伝える 松山で上演 /愛媛

<東京都>職員の25%新聞購読せず 活字離れで対策チーム(毎日新聞)
<山田花子さん>結婚を発表 39歳の一般男性と3日に(毎日新聞)
<児童ポルノ>「ランキングサイト」削除要請 警視庁(毎日新聞)
東京高裁塀に赤ペンキ=母娘を確保−警視庁(時事通信)
体が臭くて香水盗む(スポーツ報知)

初期診療に対応する「総合医」を提言―国保中央会(医療介護CBニュース)

 国民健康保険中央会は4月19日、同会の「総合医体制整備に関する研究会」(委員長=水野肇・医事評論家)の報告書を公表した。日本の医師の育成が「臓器別の専門医」に偏重しており、体の不調を感じた地域住民がすぐに大病院を受診したり、複数の医療機関をはしご受診したりする問題があると指摘。幅広い症状に対応でき、初期診療を担う「総合医」を育成・普及して、地域住民が最初に受診するかかりつけ医をあらかじめ決めておくことで、こうした問題の解決を図ることが期待されると提言している。

 報告書では、総合医に求められる役割を、▽地域住民によく見られる症状に幅広く対応する▽初期診療に対応し、ほかの専門的な医療機関などを適切に紹介する▽住民・患者と継続的な関係を保つ▽住民・患者の疾病予防や健康づくりを行う―の4つに整理。その上で、地域住民一人一人が最初に受診する総合医をあらかじめ決めておき、ほかの専門医を受診したり、病院に入院したりする場合にはその医師の紹介が必要となる受診行動のイメージを提示した。こうした体制が構築できれば、診療所と病院の連携不足や、病院勤務医の過重労働などの問題を解決できるとの見通しを示している。

 総合医の育成に関しては、専門医の一つとして総合医を位置付け、初期臨床研修後の専門研修で「総合医コース」を選択できる教育・研修システムを早急に確立することを提案。研修に際しては、「医師だけでなくコメディカル、地域の人たち、医療の利用者など多くの人々の協力のもとに実施されることが望ましい」などとしている。


【関連記事】
10年後の総合医数、「少なくとも医師の3割」
報告書の骨子案を提示―へき地保健医療対策検討会
医学教育などで新政権に要望書提出へ―医学部長会議
総合医認定制度の早期創設を
柔道整復療養費、請求方法の統一などを提言―国保中央会

クシュン!桜も身震い 仙台・3番目に遅い積雪(河北新報)
新聞記事や割引券…実用的学力重視 学力テスト(産経新聞)
徳之島3町長との会談に意欲=平野官房長官(時事通信)
タクシー襲い、売上金強取=男3人逃走、運転手重傷−警視庁(時事通信)
ゴルフ場スイング火災、砂地にダフり火花?(読売新聞)

高崎自然動物園 名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)

 大分市の高崎山自然動物園で17日、今年最初のニホンザルの赤ちゃん「クロマグロ」(雌)が生まれた。スタッフは「元気に育って子供を産んでね」と目を細めている。

 第1号の赤ちゃんには、その年ゆかりの名を付ける。今年は3月のワシントン条約締約国会議で議題となったクロマグロ禁輸案否決から取った。昨年は野球WBCにちなんだ「レンパ」。

 5子を育てた母親「ピアス」(推定16歳)から離れまいと、しがみつくクロマグロ。スタッフが紹介すると、来園客は盛んにシャッターを切り、注目度はクロマグロ並みだが、ちと呼びにくい?【佐野優】

【関連ニュース
クロマグロ:全遺伝情報を初めて解読 日本の研究機関など
クロマグロ:保護と消費の両立課題に…禁輸否決
クロマグロ:禁輸案否決が確定へ EU修正案提出せず
クロマグロ:「資源管理に取り組む」赤松農相
クロマグロ:「よかった」禁輸否決に首相

民主「飛んでイスタンブール」庄野真代さん擁立へ(産経新聞)
「竹島、韓国不法占拠」新年で言及しない意固地外相 国会追及、宗男氏も参戦(産経新聞)
<若年認知症>全国組織5月発足 家族らの負担軽減目指し(毎日新聞)
「ドウシシャ」 所得隠し9000万円(産経新聞)
日航、全日空3便引き返し=アイスランドの火山噴火で−成田空港(時事通信)

山崎さん、琴の演奏披露=野口さんは笛、俳句も−首相官邸との交信で(時事通信)

 宇宙に響く琴の調べ−。国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子さん(39)は12日夜、首相官邸との交信で、日本から持参した小型の琴で「さくらさくら」の演奏を披露した。広島福山市のメーカーが製作した琴の音色は、高く、張り詰めた感じ。野口聡一さん(44)も短い横笛を吹いた。
 山崎さんは「宇宙から見る地球があまりにも美しかったので一句作ってみました」として、「瑠璃(るり)色の 地球も花も 宇宙の子」と俳句も詠んだ。これに対し、前原誠司宇宙担当相が「フロンティア 夢も宇宙も 無限大」、平野博文官房長官が「行きたいな 総理もわれらも 宇宙人」と返した。
 宇宙に日本人2人が同時滞在するのは初めて。えび茶色のシャツ姿で髪をポニーテールにした山崎さんは、ISSの日本実験棟「きぼう」の中から、「日本のプレゼンス(存在感)が宇宙空間で広がってきたなと実感している」と話し、野口さんも「正直、楽しい。きぼうで一緒に仕事する仲間が来てくれてとてもうれしい」と笑顔を見せた。 

突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ (産経新聞)
東大で入学式、総長「変化に動揺せず活力に」(読売新聞)
ライター規制で子供対策=5月中にも安全基準策定−不便さ、敬遠の懸念も・経産省(時事通信)
介護保険10年 大阪府では要支援・要介護は3倍増に(産経新聞)
◆PINS FACTORY(ピンズファクトリー)◆あなたの町のピンズ実例紹介【山梨県】財団法人キープ協会 様 「ポール・ラッシュ祭ピンズ」 株式会社デザインアンドデベロップメント

<虐待>3歳児重体 暴行容疑で母を逮捕 博多(毎日新聞)

 福岡県警博多署は12日、3歳の次女をテーブルから床に突き落として意識不明となるけがをさせたとして、福岡市博多区の無職、山崎志穂容疑者(27)を暴行容疑で逮捕した。山崎容疑者は「テーブルの上に立っていたのでカッとなって押した」と容疑を認めているという。全身にやけどやあざもあったことから、同署は虐待が繰り返されていた疑いが強いとみて傷害容疑で調べる方針。

 意識不明となっているのは、山崎容疑者の次女の山本心結(みゆ)ちゃん。

 逮捕容疑は、11日午後10時10分ごろ、自宅でテーブルの上にいた心結ちゃんの背中を手で押し、35センチ下の畳に転落させたとしている。心結ちゃんは顔面を強く打ち、意識不明の重体。

 山崎容疑者は10分後「娘が意識がなく、呼吸もない」と自分で119番した。

 山崎容疑者は会社員の夫(31)と長女(7)、心結ちゃんとの4人暮らし。娘2人は山崎容疑者の連れ子で、山崎容疑者だけが夫の戸籍に入っていたという。

 近所の住民の話では、先月ごろから山崎容疑者の部屋から大きな声が聞こえるようになり、11日午後7時ごろにも山崎容疑者の怒鳴り声が響いていたという。今年1月の夕方には、心結ちゃんとみられる女児がパジャマ姿で部屋の前の廊下で泣いている姿も目撃されていた。心配した住民が山崎容疑者宅のチャイムを押しても反応がなかったという。【阿部周一、近松仁太郎】

高速無料化は堅持を=参院選マニフェストで−国交相(時事通信)
送り主とのトラブルなし 日本医師会あて鉢植え発火(産経新聞)
参院選に政治生命懸ける=自民総裁(時事通信)
3歳女児意識不明、母「カッとなって」落とした(読売新聞)
<高速割引財源>道路建設転用は1.3兆円 政府方針(毎日新聞)

6歳未満の脳死判定、間隔は「24時間以上」に―厚労省研究班案(医療介護CBニュース)

 改正臓器移植法の施行を控え、小児の脳死判定について検討してきた厚生労働省の研究班が新たな判定基準案をまとめ、4月5日の「厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会」(委員長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)に報告した。15歳未満の小児を除く現行の基準では、脳死判定を行う間隔は6時間以上としているが、同案では24時間以上とすることなどが盛り込まれた。

 7月施行の改正臓器移植法では、15歳未満の小児についても家族の同意によって脳死下での臓器提供が可能になる。これに伴って現行の脳死判定基準にはない6歳未満の小児について新たな基準が必要となるため、厚労省の研究班「小児の脳死判定及び臓器提供等に関する調査研究」(代表者=貫井英明・山梨大名誉教授、学長特別顧問)が判定基準案をまとめた。
 同案では、判定の対象となり得る例として、▽器質的脳障害による深昏睡、無呼吸で人工呼吸が必要な症例▽原疾患が確実に診断されている症例(頭部CTやMRI検査などによる画像診断は必須)―などを、判定から除外する例としては、▽生後12週未満▽直腸や食道などの深部温が35度未満―などを挙げている。

 また現行の基準では、脳死判定を行う間隔について、1回目の検査終了時から6時間以上経過した時点とされているが、同案では、6歳未満の小児については成人より長期脳死となる頻度が高いことなどを踏まえて、2回目の判定までの間隔を24時間以上とすることが盛り込まれた。
 研究班の日下康子氏(東京慈恵会医科大脳神経外科講師)は、小児の脳死をめぐる臨床研究の結果について、「長期脳死の頻度が高く、期間も長いとされているが、脳死判定後の人工呼吸器からの離脱や意識の回復は確認されておらず、結局は脳死状態が持続して心停止に至っている」と説明。その上で、「これまで臓器移植を前提とした判定の基準がないので、(長期脳死のケースは)医療者側が家族に十分説明した上で家族に判断を委ねるのが妥当」と述べた。


【関連記事】
小児臓器移植に向け省令・GL作成へ―臓器移植委員会
児童死亡に虐待の深い関与なければ臓器提供可能に―厚労省作業班が提言へ
長期脳死例の調査求める―臓器移植法を問い直す市民ネットワーク
提供施設の拡大など提言―臓器移植関連学会協議会
ドナーコーディネーター大幅増を―移植者協議会・大久保理事長

海砂採取業者を告発=1億円余脱税容疑−福岡国税局(時事通信)
共有ソフトで洋画配信=62歳男逮捕、監視システムで初−京都府警(時事通信)
<長瀞ライン下り>春の渓谷美を満喫 埼玉 (毎日新聞)
米政府、シュワブ沿岸案主張=「交渉、非常に厳しい」−官房長官(時事通信)
姫路城大天守しばしの別れ、桜楽しむ長い列(読売新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。