So-net無料ブログ作成

<掘り出しニュース>建築廃材使いサッカーボール(毎日新聞)

 ◇「エコに気づくきっかけに」

【廃材を使って】「ミナモ」人形を廃材使い手作り 大垣・西幼稚園児、国体実行委に 

 【静岡】廃材を使った木製のサッカーボールの置物を、静岡市清水区村松の建設業、堀泰志さん(36)が作っている。堀さんは「ゴミも工夫次第でおもしろいものに生まれ変わる。普段の生活の中でエコに気づくきっかけにしてほしい」と語る。

 堀さんによると、新築住宅1棟を完成させると、平均でコンテナ5台分にあたる約10立方メートルの廃棄物が出る。「このゴミを何とか減らせないか」と考えたのが制作のきっかけ。「サッカーのまち清水」をアピールできるものを、と約8年前に試作した。

 腰板用のスギやヒノキの切れ端から、1辺約5センチの正五角形を12枚、正六角形を20枚切り出し、へりの角度が67度になるように、カンナで削る。これを接着剤で部品をつなげば完成だが、大きさや角度に少しでも誤差があると、球形にならず、作業には技術が求められるという。

 数年前から、物件が完成すると施主にプレゼントするようになり、これまで30個以上配った。

 今では、評判を聞いて施主以外からも注文があるといい、「再利用できる量はわずかだけど、ゴミを楽しんで減らす工夫ができることを知ってほしい」と話している。【平林由梨】

【関連ニュース】
【廃材を使って】JAL:パイロット気分満喫 廃材利用の子ども用コクピット模型 羽田に登場

<亀井担当相>郵政改革案「首相が了承したから発表した」(毎日新聞)
EXILE所属プロが2億所得隠し、国税指摘(読売新聞)
<EPA看護師>国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)
交通死1000人超す=昨年と同じ日に−警察庁(時事通信)
パトカー追跡中、3台衝突事故=巡査部長ら2人死亡−新潟(時事通信)

首相「閣内不一致と言われないようにする」(産経新聞)

【鳩山会見詳報(6)】(26日午後)

 −−日本の厳しい財政状況について、金利市場などから懸念の声があるが、昨年の衆院選マニフェストをそのまま実施しようとすれば、さらに状況が悪化する可能性は否定できない。政権公約と財政規律のどちらかを優先する場合、どうするか。マニフェストを見直す場合、どう有権者を納得させるか

 「ありがとうございます。私どもは、昨年の選挙において、民主党としてマニフェストをお示しをしたと。当然、そのマニフェストの実現に向けて、政権を取ったわけですから、全力を傾注しているところでございます。一方でこれもご承知の通り、大変財政は厳しいという状況が変わりませんし、さらに厳しくなってきていることもおわかりの通りでございます」

 「従いまして、私どもとしては、これは当然マニフェストは党が作るものでございますが、党の中にマニフェストの検討委員会をつくらせていただきました。そして、その中でこれから議論を進めてまいりたいと思います。国民のみなさま方にもマニフェスト、これは公約なんだからそのまま実現されるべきだと主張される方と、いや、これはマニフェストもわかるけれども、財政の厳しさも理解している。従って、マニフェストというものに対しては、それなりの修正というものもあってもしかるべきだと。その両論があろうかと思っております。国民のみなさんのご意見というものは大変貴重だと思っておりますが、そういった貴重なご意見というものも踏まえながら、これから検討委員会で検討を進めてまいりたいと思っております」

 「マニフェストはですから、基本的にそれが満たされるように全力を尽くしていきながら、しかしやはり財政の厳しさ、これ以上、例えば赤字国債というものを大きくさらに発行させてしまうという状況は、できる限り控えなければならないという、その、これは特に菅(直人)財務大臣などを中心にその声も大変高まってきております。そのバランスを考えていきながら、できる限りマニフェストの実現に向けて、財政のあり方というものを考えてまいりたいと。今、そのスタートラインに立った、すなわち、マニフェストの検証から新たな参院選に向けてのマニフェストの作成というもののスタートが切られようとしていると。ご理解を願えればと思います」

 −−歴代の首相ができなかった会見のオープン化に敬意を表す。他の省庁では、会見がオープンになっているところとそうでないところがあり、閣内不一致の様相を呈している。鳩山内閣としては今後、各省庁の記者会見をどうするのか。特に検察庁と官房長官の会見が開いていないが

 「閣内不一致の記者会見のあり方ではないかというおたずねでありますが、それぞれの大臣にそれぞれの理由があって基本的にはオープンにしたいけども、必ずしも事の性格上オープンにできないとか、あるいは会見場の狭さ広さということもあるいはあるのかもしれません。ただ、やはり私が、総理大臣が記者会見をオープンにしていくわけでありますから、すべての大臣に対して、私は開きましたよということは申し上げて、閣内不一致といわれないように、むしろこの情報の公開、国民に開かれた内閣の姿を示す必要があろうかと思っておりますので、統一を目指して、今おたずねがありましたので、私の方から申してまいりたいと思っております」

 −−財政再建をどう進めていくのか。年金・社会保障、財政再建の与野党協議をどういうタイミングで働きかけていくのか

 「ありがとうございます。財政が厳しいと。一方で、経済も厳しいと。従って、特に北海道も含めてではありますが、地域経済を活性化させるために財政というものをもっと活用すべきという声もいまだ強く内閣の中にあることもおわかりかと思います。しかし、やはりそうはいっても、社会保障費は、年々1兆円というか、医療費なども大変な勢いで伸びているところでございまして、そのことを考えればやはり財政の規律というものが完全に失われてしまうと、国債に大変大きな暴落というか、変更、変化を与えてしまいかねません。従いまして、私としても、菅財務大臣が、これは、自民党の林芳正議員などが中心となってつくっておられる財政健全化法に類するようなものを政府としてもつくるべきではないかという考え方に、基本的に同調をいたしております」

 「すなわち6月には、私ども中期財政フレームをつくりあげてまいります。財政運営化、財政に対してしっかりとした運営戦略を作り上げていかなければならないとそのようにも思っております。そういう中で、それを法的に担保するというぐらいの覚悟が必要なのではないかと思っております。そのような時には、これはある意味で与野党をこえた協力というものが、あるいは協議というものが必要ではないかとも思っております。ただ、くどいようですが、まずは政府の考え方というものを最初に示す努力をすることが大事だと思っておりまして、そのような政府の努力の中で与野党で協議をしていくことも、将来的にあるいは必要になってくるのではないかと考えております。従いまして、時間的な軸で申し上げれば、6月というものがひとつのメドになりますから、その前後に今申しあげたような行動というものが求められてくる可能性があろうかと思っております」

【関連記事】
首相が初のオープン会見、「珍質問」「激辛質問」も続々…
首相、支持率低下は「『頑張れ』の声」
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」
首相「東アジア共同体構想を現実に仕立てる」
首相「未熟ゆえに問題点。辛抱強くご指導を」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

住宅全焼、1人死亡=18歳女性か、2人けが−東京(時事通信)
退職後に競合会社、元の顧客から受注は「自由競争の範囲」 最高裁(産経新聞)
次期首相のトップは舛添氏(産経新聞)
<兵庫県弁護士会>司法試験合格者1000人に減らして (毎日新聞)
英社ワクチンの3割解約=新型インフル、257億円分−厚労省(時事通信)

<ゼブラーマン>沖縄国際映画祭で上映(毎日新聞)

 毎日新聞社などが製作委員会に参加する映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」(三池崇史監督・5月1日公開予定)が25日、沖縄県宜野湾市で開催中の「第2回沖縄国際映画祭」で上映された。

 主演の哀川翔さんが舞台あいさつに立ち「小さい子供からお年寄りまで楽しめる作品。自分でもかなり自信を持っています」と述べた。04年に公開された「ゼブラーマン」の2作目。

 沖縄国際映画祭は28日まで。毎日新聞社とスポーツニッポン新聞社は共同で会場内の「コメディバザール」にブースを出展し、毎日映画コンクールなどの展示を行っている。

「施設の拡充よりも、住まいの充実を」―高専協・橋本会長(医療介護CBニュース)
長谷川等伯展 鳩山首相が鑑賞「迫力に非常に感銘受けた」(毎日新聞)
今度は機密費巡って閣内不一致 鳩山内閣に「調整機能ナシ」(J-CASTニュース)
政府案、月内策定を約束=普天間移設問題−鳩山首相(時事通信)
男児暴行死、傷害致死罪に変更=両親殴打が原因と判断−東京地検(時事通信)

防じんマスク着用させず=労基署が同志社大に是正勧告(時事通信)

 同志社大(京都市)は15日、粉状のアルミニウムなどを扱う実験の際、理工学部の特別研究員の男性に防じんマスク着用を徹底していなかったなどとして、京都南労働基準監督署から労働安全衛生法などに基づく是正勧告を受けたと発表した。
 同大によると、教授はマスク着用を指示していたが、国の粉じん障害防止規則で定める防じんマスク以外に、インフルエンザ用マスクも認めていた。 

【関連ニュース】
佐川急便元係長の労災認定=過重労働が原因で自殺
請負業者3社に行政指導=鉄砲水死亡事故
スーパー玉出を書類送検=超勤100時間以上、手当払わず
南日本造船と幹部ら書類送検=26人死傷タラップ事故
不当配転で自殺、労災求め提訴=旧J-フォン社員妻-名古屋地裁

「健康づくり提唱のつどい」4月に開催−日本栄養士会(医療介護CBニュース)
<傷害容疑>5歳長男の足ライターで焼く 継父逮捕 千葉(毎日新聞)
「朝鮮総連と一線を画してほしい」 朝鮮学校視察の橋下知事(産経新聞)
原口総務相、遅刻を謝罪「今後このようなことがないよう…」(産経新聞)
「信長の命令で廃絶」示す遺構出土 奈良・筒井城跡(産経新聞)

不明男性、心肺停止で発見=蔵王の雪崩−山形(時事通信)

 13日午前11時50分ごろ、山形県上山市の蔵王・熊野岳付近で、意識がなく心肺停止状態の男性が見つかった。男性は12日に山スキーの途中で雪崩に巻き込まれた無職梅津栄一さん(76)=同県白鷹町=と確認された。県警や自衛隊などの捜索隊は約50人態勢で朝から捜索を再開していた。
 県警上山署によると、梅津さんは長さ約100メートルにわたって発生した雪崩の最下部で、深さ1.5メートルの雪の中から発見された。 

【関連ニュース】
スキー場で雪崩、1人巻き込まれる=同行男性は救助
関東などで春一番=暖かい南風で気温上昇
雪崩でツアー客1人死亡=山スキー中巻き込まれる
日本海側大雪、ほぼ峠越える=山沿いは引き続き注意
北海道と日本海側、大荒れ続く=低気圧停滞、交通に影響

<マンホール事故>酸欠か 作業員2人死亡 埼玉・日高(毎日新聞)
岩手・久慈市長選で推薦候補敗退(産経新聞)
<福山哲郎参院議員>文芸春秋を提訴 記事で名誉棄損(毎日新聞)
禁輸回避、採決直前まで努力=クロマグロ問題で−赤松農水相(時事通信)
福島震度5弱 政府が情報連絡室(産経新聞)

誤給油故障、後絶たず… セルフ式は慎重に(産経新聞)

 ■軽自動車だから軽油!? ディーゼルにガソリン

 軽自動車だから軽油を入れちゃった!? ガソリンエンジン車に軽油、逆にディーゼルエンジン車にガソリンを入れてしまったことが原因で起きる自動車故障が、後を絶たないという。誤給油の多くが燃料の種類に対する知識不足や、セルフ式ガソリンスタンドでのうっかりミスなどが原因。修理で思わぬ出費となるケースもあり、くれぐれもご注意を−。(太田浩信)

 日本自動車連盟(JAF)は3年前から誤給油によるトラブル状況を把握するため、年末年始の2カ月間にあった救援依頼の内容を調べている。それによると、今回(平成21年12月〜22年1月)は255件。前回(20年12月〜21年1月)は236件で前々回(19年12月〜20年1月)の337件から大幅に減少したが、今回は増加に転じた。

 ◆代車や社用車で多発

 誤給油はフルサービスのスタンドでも10・6%あったが、セルフスタンドが74・1%と圧倒的に多い。理由は、修理中の代車や会社の車など普段乗っている車と違う車でスタンドを訪れ、「いつも通りと思い込み・勘違い」したのが最も多く16・1%。次いで、「うっかり・急いでいた」が9・4%で、この中には「携帯電話で話しながら給油していた」事例もあった。

 また、「軽自動車は軽油が燃料だと思っていた」誤給油も6・7%で、一向になくならないトラブルだ。「軽自動車なので『軽』がつく軽油を入れてしまった」「軽トラックは軽油だと思っていた」というのが典型的な理由。軽自動車で軽油が燃料のディーゼルエンジンの搭載車は存在しない。

 ◆異なる仕組み

 なぜ誤給油してしまうと、車は動かなくなるのか。「エンジンの構造が異なるためです」と説明するのは全国石油協会品質管理事業部の新木一義部長。ガソリンエンジンは混合気(ガソリンと空気を混ぜたもの)をピストンに送り込み、電気的に火花を散らして燃焼させる。これに対し、ディーゼルエンジンは圧縮した空気に軽油を高圧噴射し、自然着火させて燃焼させる仕組みだ。

 構造の違いによってガソリン車は静粛性などに優れ、ディーゼル車は燃費が良くパワーを出しやすいなどの特性を持つ。また、燃焼させる仕組みが違うため、着火性など燃料に求められる性質は異なる。このため、適正な燃料でないとエンジン内で燃焼が起こらず、車は動かない。誤給油すると、燃料を抜き取ったうえで、場合によっては洗浄や部品の交換も必要になる。

 誤給油の防止には(1)車検証に記載されている燃料の種類を確認(2)車の給油口部分に張られた油種を確認(3)セルフスタンドでは給油ノズルの油種が適用油種か確認−が大切。また、セルフスタンドで操作方法や適用油種が分からない場合は、店員に尋ねることでトラブルを回避できる。

 JAF広報課の小林修副主事は「誤給油してもタンクに適正な燃料が残っていると、少し走ってからエンジンが止まり道の真ん中で立ち往生することもある。事故にもつながりかねないので、給油は慎重に」と話している。

                   ◇

 ■コスト軽減、安価もメリット

 セルフ式ガソリンスタンドが規制緩和によって解禁されたのは平成10年。当初は伸び悩んだものの、13年ごろから急増に転じた。

 日本エネルギー経済研究所石油情報センターによると、全国にあるガソリンスタンドは20年度末時点で4万2090件で、このうちセルフスタンドは8098件(21年9月末)。競争激化などでスタンド全体の数は減少傾向にあるが、セルフスタンドは微増が続いている。同センターでは、セルフ式は人件費が安く経営コストが軽減できるうえ、利用者にとっても数円程度安い単価設定のメリットもあり、今後もセルフスタンドの割合は高まっていくとみている。

<岡田外相>「沖縄の人を欺く結果に」密約問題で答弁(毎日新聞)
プラス改定で「バックギアからフロントギアに」―邉見副会長(医療介護CBニュース)
改革要求ラッシュ、自民・谷垣氏に試練(読売新聞)
自民への献金を日医連が凍結(産経新聞)
<地下鉄サリン>15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」(毎日新聞)

博多火災 被災ラーメン店1週間ぶり再開(毎日新聞)

 11店舗が被災した福岡市博多区の博多川端商店街の火災から1週間が過ぎた8日、水損被害を受けたラーメン店「一竜」川端商店街店が、被災店舗で初めて営業を再開した。

 「お待たせしました。いらっしゃいませ!」。改装され真新しくなった店内には、以前と同じ威勢の良い掛け声が響いた。常連客らも再開を喜び、店は活気を取り戻した。

 「火災後は、多くのお客様から応援や励ましの声を掛けてもらいました。今日は感謝の気持ちを込めて、いつもの味のラーメンをお届けしたい」と店長の吉原大輔さん(33)。火災後、すぐにスープや食材を系列店の冷蔵庫に移し、今日の開店に備えてきた。

 一番乗りで来店した博多区の会社員、千葉義宣(よしのぶ)さん(32)は「週に1回は来ていた。こんなに早く再開できるとは思っていなかったので本当にうれしい」と話していた。【近松仁太郎】

【関連ニュース】
<素朴な疑問>「ラーメン橋」近くに店ないのに看板 福岡・香春の国道
<14日まで>B級グルメとラーメン・カレーフェア、静岡空港で
<開催中>中央、長野自動車道の13のSAとPAでラーメンバトル
<ラーメン修業>小海の北牧小3年生28人、専門店で「味噌」に挑戦−−佐久 /長野
<ラーメンボランティア>慰問 自慢の味で施設回る

<コンテナ新法>積み荷情報通知義務付け トレーラー事故で(毎日新聞)
<日比谷線>事故から10年 関係者が冥福祈る(毎日新聞)
<原口総務相>ツイッターで津波情報発信(毎日新聞)
新潟市美術館 館長を更迭 作品にかび 管理体制を問題視(毎日新聞)
首相「政治とカネ、今後も説明」…参院予算委(読売新聞)

朝鮮学校巻き返し 首相と生徒、面会へ(産経新聞)

 政府が4月からの導入を目指している高校授業料の無償化をめぐり、朝鮮学校サイドが“攻勢”を強めている。学校教育法で「各種学校」に分類される朝鮮学校について、鳩山由紀夫首相は無償化の対象外とすることを示唆しているのに対して、首相に直接働きかけたり、外国からの圧力なども利用したりして、鳩山首相の気持ちを変えさせようと画策しているようだ。

 社民党の阿部知子政審会長は2日の衆院予算委員会で、首相に対し、朝鮮学校の生徒と面会するよう要請した。阿部氏は先月25日、朝鮮学校側が無償化を求めて記者会見を開いた際、「主催議員」として、衆院議員会館の会議室を会見場として確保した経緯がある。

 阿部氏の質問に対し、首相は「ぜひお目にかからせていただきたい」と、前向きに答弁した。首相は、朝鮮学校を対象外とすることを示唆した発言についても「必ずしも真意が伝わっていないかもしれない。その子たちのことを当然、思わないわけではない」とまで述べ、阿部氏の要請に最大限の配慮を示した。

 3日には、都内の日本外国特派員協会で、朝鮮学校幹部による記者会見が予定されている。同日には、衆院文部科学委員会(田中真紀子委員長)メンバーの訪問を北区の朝鮮中高級学校が受け入れる。

 政府内では「朝鮮総連、朝鮮学校の関係者が与野党議員に対する接触頻度を増やしている」(公安筋)との分析もあり、授業料無償化に向けた朝鮮学校側の攻勢は続きそうだ。

【関連記事】
朝鮮学校無償化 橋下知事「拉致と切り離せない」
首相、朝鮮学校生徒との面会に意欲 高校無償化で
朝鮮民族は日本の「朝鮮学校統治」を容認するのか
朝鮮学校の無償化で首相「結論が出ていない、検討中」 中井氏は改めて反対
高校無償化法案が審議入り 首相、朝鮮学校の「除外」示唆
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

高松−宇野航路、存続に転換=廃止申請を取り下げ−国道フェリー(時事通信)
恐竜の起源、もっと古いかも=2億4000万年前の近縁新種化石−タンザニアで発見(時事通信)
普天間、絞り込みに着手=社民・国民新、8日に移設案提示(時事通信)
「事務方のミスで…」遅刻の原口総務相、ツイッターで陳謝(産経新聞)
元母を「許せない、終身刑に」虐待公判で女児(読売新聞)

出頭の男、7年前の放火供述=3人死傷、裏付け捜査−大阪府警(時事通信)

 大阪府松原市で2003年1月、会社員の男性宅が放火され、妻が死亡する事件があり、自称44歳の男が神奈川県内の交番に出頭し「自分が火を付けた」と供述していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。府警は男が関与した疑いがあるとみて事情を聴くとともに、慎重に裏付け捜査を進めている。
 火災は03年1月23日未明、松原市天美南の住宅で発生。男性宅1階ガレージから出火し妻が死亡、子ども2人もやけどを負った。
 男は今月1日午後11時20分ごろ、横浜市南区の交番に「無銭飲食をした」と出頭。県警南署が事情を聴いたところ、「実は大阪の方で放火もしている」と供述し始めたという。 

【関連ニュース】
民家火災で2人死亡=老舗うなぎ店主と長女か
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
民家火災で2人死亡=居住の夫婦か
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か
住宅火災、2人死亡=夫婦と連絡取れず

<雑記帳>広告の新媒体?電通本社ビルがメッセージ直接発信(毎日新聞)
「伊丹空港廃止」をめぐり5決議案 府議会会派、足並みバラバラ(産経新聞)
松原市長が謝罪 ごみ“ヤミ処分”問題(産経新聞)
漁業被害拡大18億円超える 津波発生から1週間(河北新報)
<フィギュア>小塚、鈴木両選手 入賞「自信」胸に帰国(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。